WEBサイトの目的は?

制作する際にもっとも大切な点とは?

何のために、WEBサイトを作るか?
ホームページ制作の目的を明確にすることは非常に大切です。

制作したWEBサイトで「何を伝えたいか?」「誰に見て欲しいか?」「アクセスしてくれた方に何を期待するか?」を計画立てせず漠然としたままだと、WEBサイトを作った事に満足して終わってしまいます。
「ホームページを使って何をしたいのか」を再度考えてみましょう。
とりあえず作って(まず始めることは大事ですが)、多くのアクセスや売上が上がるほどホームページは簡単なものではありません。

WEBサイト制作の目的とは

いくつかの例を紹介します。

◆商品・サービスの販売

直接、商品やサービスの注文を受け付けるために制作するホームページ。ECショップといわれるものであり、売上に直接つながるが難易度は非常に高い。購入者から信頼感を得られるかどうかが最大のポイント。拠点一つを出すような感覚。

◆サンプル請求

無料、あるいは割引価格でのサンプル商品の申込み用ホームページ。商品・サービスの販売を最終目的としつつ、初回購入者の抵抗感を和らげるためにサンプル請求を目的としたホームページ。

◆資料請求の獲得

商品パンフや小冊子等の各種資料の請求を目的として制作するホームページ。
商品販売の手前の見込み客獲得を目的としているため、比較的成果が出やすい。

メールアドレスの獲得

電子メール(顧客)リスト獲得のため、アクセス者のメールアドレスを収集する事を目的として制作するホームページ。
情報のダウンロードの条件としてアドレス入力することで、潜在的な顧客層を収集できる。ホームページ戦略において重要な目的の一つ。

問合せ受付

「お問合せはこちらまで」という形で電話やメールでの質問や問合せに対応する事を目的としたホームページ。既存のお客様のフォローで満足度を上げる事も可能。
「顧客」「広告」→「電話受付」にプラスして、FAQ(よくある質問)やチャット、問合せフォームの工夫などから顧客ホールドに役立ちます。

◆情報提供

アクセス者に役立つ情報をホームページに掲載する事を目的として制作するホームページ。現在はインターネットで情報が溢れているため、単に情報をホームページで提供するだけでは、ほとんど商売に繋がらない。専門的な分野で展開することが必須。

◆商品紹介

商品説明を中心としたホームページ。カタログ的な用途として効果はあるが、
商品スペックを掲載するだけでは売上に結びつかない。成果を出すためには、誰に届ける情報またはサービスかを絞り込み、ソフト部分での対応を並行して行う必要がある。

◆会社案内

会社概要や企業理念の説明を目的として制作するホームページで、企業のホームページのほどんどがこのタイプ。ブランディングを目的とする場合、コンテンツだけでなくWEB広告の利用も併せて行うことも必要。

◆採用サイト

ここ数年、会社案内(コーポレートサイト)と分けて運用されることが多く、リクルーティングを目的としたWEBサイト。インタビュー記事・動画などで入社後の自分をより強くイメージする事が可能。納得感をもって勤務開始ができれば、定着率の向上も期待できます。

お考えのWEBサイトは上記のどのパターンでしょうか?

WEBサイトの目的をしぼる

上記のホームページの目的の中から制作の目的をいくつか絞り込むことです。情報はたくさんあった方が良いのですが、個人のブログではないので内容・分野が全く違うものを雑然と入れてしまうと「何のサイト」か分からなくなてしまいます。サイト検証のデータが蓄積されている場合はともかく、最初のうちはホームページの目的を絞り込みましょう。
あれもこれもと手を出すと、結果的にホームページの成果が出にくくなってしまいます。

ホームページ制作の目的として何をどのくらい重視するか、特にスタート時はじっくりと検討してください。

貴社のコンテンツをマネジメントいたします。
WEBサイトの制作だけでなく会社案内・入社案内・動画制作など、デザインの一元管理もおこなっております。